• スカっとする話
    女性に多い便秘に悩む私。病院に行くと、浣腸された。
    2019年11月28日
  • スカっとする話
    美人看護婦とベテラン看護婦の座薬
    2019年4月5日
  • 笑える話
    会社で一番綺麗な美人のオナラを聞いた僕。これが切っ掛けで結婚
    2019年11月24日
  • 笑える話
    美人で綺麗で完璧な嫁と結婚。しかし恥じらいもなくオナラ連発。
    2019年11月25日
  • 笑える話
    子供の頃、学校で流行った指カンチョー。街中のお姉さんのお尻に
    2019年5月20日
  • 笑える話
    美人な私が突然のオナラに我慢出来ず、「ブゥゥ」。最大のピンチ
    2019年11月26日
  • 感動する話
    雨の中、人生に絶望した俺。その時、突然、現れた少女。
    2019年5月19日
  • 泣ける話
    入院中に女の子と始めた交換日記。最後の返事に涙・・。
    2019年5月15日
  • 笑える話
    美人に襲い掛かる強烈なオナラ。しかし悪ガキの指カンチョーが。
    2019年11月27日
不良達からの酷いイジメの日々。だがチンピラから助けられる。

【スカっとする話】不良達からの酷いイジメの日々。だがチンピラから助けられる。

僕は酷い虐めを受けていた。

不良達に殴らで恐喝され、クラスでは全員からの笑いものだった。

人生が辛い、そんなある日。

道端でバイクが転倒し、倒れている人が。しかしこの人、見るからに、やばいチンピラだ。

血まみれの為、周りの人も見て見ぬふり。

僕も同じように知らないフリをしようとしたが、辛そうだったので、携帯で救急車に連絡し、救命活動を行った。

「大丈夫ですか。今、救急車を呼びました」

その後、救急車が到着し病院に搬送された。怪我も大した事はなく、すぐに回復したようだった。

後日、学校の帰り道のこと。

単車に乗った強面チンピラが僕の前に・・。

「よう、この前は世話になったな。お前は俺の命の恩人だ。何か困った事があれば連絡しろ、一度だけ手を貸すぜ」・・っと、携帯番号を渡された。

なんか有難いようなような、そうでないような。微妙な気持ちだった。

「正直、あまり関わりたくない風貌な人だった為、連絡する事は無いだろうと思っていた。」

その後、学校では、相変わらず僕へのイジメは続き日に日に酷くなった。

不良達は僕に「おい、一万円用意しろ。今日の夜、いつもの場所に持ってこい」っと脅された。

エスカレートするイジメに無抵抗な僕。

暴力も酷くなる一方で、その日は今までにない程、殴られ酷い顔になっていた。

その夜、親の財布から現金を抜き取る時、ふと鏡を見ると・・酷い顔だった。

腫れあがった顔を見て、あまりの惨めさに涙が込み上げる。

この辛い現実を何とか出来ないものか・・っと考えた結果、あのチンピラを思い出した。

そして携帯で電話を掛けて、僕はチンピラに事情を説明した。

すると・・。

「ダメだ。それはお前の問題だ。俺にはどうする事も出来ない」

「そんな、助けてくれるって」

「いいか、男の人生は闘いだ。そいつらを俺がボコったところで、問題は何も解決しない。テメーのケツをテメーで拭けないようなヤツは、結局は一生、誰かにボコられ続ける運命だ」

「男だったら、そいつらに一発でもいいから、お見舞いしてみろ」

期待を裏切られ、突き放された言葉に茫然としながら僕は家を出た。

しかし、何故かそのチンピラの言葉はとても力強く、教師や親よりも説得力があった。

待ち合わせ場所に行くと、既に不良達が・・。僕は一万円を渡した。

「ATM君、これからもよろしくな」

その瞬間、あのチンピラの言葉が僕の頭を過り、勇気をくれた。

僕は懇親の一撃を目の前の不良にくらわしたのだ。

不良は予想外の不意をついた一撃を食らい、その場に倒れてしまった。

「舐めたマネしやがって」

怒りに我を忘れた不良達に、僕はボコボコにされたが・・一発お見舞い出来た事は、清々しい気分だった。

「今日は今までにないくらい、ボコボコにしてやるぜ」

不良は怒りが収まらないようで、更に暴行が激しくなったが、その時・・

「そこまでだ」っと大きな声が聞こえた。

なんとあの強面チンピラが、仲間と共にバイクで登場したのだ。

「お前の男気・・みせてもらったぜ」

突然現れたチンピラとその仲間に、不良は一瞬で力関係を悟った。

格上相手に不良達が怯える中・・凄いガンを飛ばしながらチンピラが威圧する。

「こいつは俺のダチだ。これ以上手を出したら、お前達、容赦しねえぞ」

「ヒ~~」っと恐れる不良達に、更に・・

「それと、こいつから今まで取った金、きっちり耳揃えて返せや」

これ依頼、僕のイジメはピタリと無くなった。

その後、僕はチンピラのバイクの後ろに乗り、家まで送ってもらうことに。

「よう、お前はもう立派な男だ。強く生きていけよ」

人生で最悪だと思っていた暗黒の青春時代。

僕はこの人によって救われ、自信を持つ事が出来た。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連キーワード
スカっとする話の関連記事
  • ギャンブル依存のDV夫に絶望。結婚生活に希望が見えない。
  • 女性に多い便秘に悩む私。病院に行くと、浣腸された。
  • 会社のパワハラ上司・・。 若手社員の正義ある行動で制裁。
  • 会社の嫌な上司との付き合い方。 ある方法で全て解決。
  • 転校生の私はイジメを受ける。 しかしヤンキーから救われる。
  • 社長交代により経営悪化しリストラ。しかし救いの手が。
おすすめの記事