• 泣ける話
    入院中に女の子と始めた交換日記。最後の返事に涙・・。
    2019年5月15日
  • スカっとする話
    女性に多い便秘に悩む私。病院に行くと、浣腸された。
    2019年11月28日
  • 感動する話
    雨の中、人生に絶望した俺。その時、突然、現れた少女。
    2019年5月19日
  • 笑える話
    美人に襲い掛かる強烈なオナラ。しかし悪ガキの指カンチョーが。
    2019年11月27日
  • 笑える話
    子供の頃、学校で流行った指カンチョー。街中のお姉さんのお尻に
    2019年5月20日
  • 笑える話
    美人な私が突然のオナラに我慢出来ず、「ブゥゥ」。最大のピンチ
    2019年11月26日
  • スカっとする話
    美人看護婦とベテラン看護婦の座薬
    2019年4月5日
  • 笑える話
    美人で綺麗で完璧な嫁と結婚。しかし恥じらいもなくオナラ連発。
    2019年11月25日
  • 笑える話
    会社で一番綺麗な美人のオナラを聞いた僕。これが切っ掛けで結婚
    2019年11月24日
社長交代により経営悪化しリストラ。しかし救いの手が。

【スカっとする話】社長交代により経営悪化しリストラ。しかし救いの手が。

私はこの会社に勤め30年が経つ。

それなりに尽くし、又、活躍し、現在は重役にまで出世した。

この会社は中小企業でまだまだ弱小だが、成長の芽は充分に期待できる。

それも尊敬出来る、この社長のお陰だろう。

ある時、社長が高齢の為、その座を息子に譲ることとなった。

しかしこの息子には、経営力は全くなく、しかも傲慢で理不尽。

全て間違った判断の連続で売上が低迷していく一方だった。

このままでは非常にマズい状況……と思いつつも、相手は社長、しばらく様子を見ることにした。

しかしある時、とんでもない経営判断をしてしまう社長……

「利益向上の為、現在、一番外注費用が発生している請負先のA社を切る。そして外注費用の安い請負先を探す」と言い出したのだ。

全員が愕然……A社は確かに外注費用は高いが、それに見合う充分な力を持っている。

しかもA社と連携して売り出している商品は、この会社の売り上げのトップを占めるもの。

安い外注先が同じレベルの品質を維持出来なければ、大きな痛手を負う事になる事は明白。

下手をすれば会社はひっくり返ってしまう。

今まで私は会社のために尽力し全力投球してきた。

役員の立場から、これ以上見て見ぬふりは出来ない。

私はこの方針を真っ向から指摘して社長とぶつかりあった。

すると、社長から猛反感を買うことに。

猛烈なパワハラや、降格、全く違う部署に異動……

その後は、あの手この手の理不尽な理由から退職まで追い込まれた。

「まいったな……この年で無職とは……辛いな……」

昼間の公園、ブランコに乗り、一人茫然としていた。

子供の大学費用、マイホームのローン……どうしよう。

そんなどん底の中、突然、携帯に連絡があった。

それは私が必死になって守ろうとした請負先のA社の社長からだった。

「突然退職なんて、びっくりしたよ。どうしたんだ」

「実は……」とこれまでの経緯全てを打ち明けた。

「そうか、それは大変だったな。だったらウチに来ないか」

え……と驚く私。

「君の元会社、二代目社長はダメだな。あそこは長くないぞ。うちも一方的に契約を解約されたが、こっちから願い下げだね。

売上には多少響くが、最近、更に新商品を開発してな、これが思いの外好評で人手が足りないところだったんだ。

新しい取引先も開拓出来たが、丁度、管理職の人材がいなくてな」と、打診。

「君とは長い付き合いだ……今までの取引で信用もある。どうだ、前の会社と同じ待遇……いや、少し良い条件にしよう」

私は泣きながら、A社の社長の有難い話を受け入れた。

その後、私はA社で大活躍。

みるみる内に主力商品の売り上げは伸び、好調の一途。

この業績を社長は評価してくれて、更に収入は上がった。

そんなある日、携帯に電話が……元会社の社長からだった。

「久しぶりだな。今日は良い話があってな。うちに戻ってくるつもりはないか?」

「どういう事でしょうか?」

冗談じゃない……と内心思ったが、話だけでも聞くことに。

「君が助言したA社の件、契約を戻してほしいんだ。A社と長く信頼を築いてきた君なら、可能だろう?」

どうやらA社の代わりとなる請負先は失敗だったようだ。

まあ、当然だろう。あのまま契約を継続していれば、大きな成長も期待できたのに……

「どうだ、給料も前と同じという訳にはいかないが……それなりの配慮はするつもりだ」

「いえ、結構。私は既に再就職していますので。」

「何、ちょっと待て。それは困る。待遇も良い条件になるよう努力する。とにかく一度、会って話をしようじゃないか」

「あの……私は現在、A社に再就職し、ここで部長職を任されています」

「……な、なに……?」

「現在の私の立場から言わせて頂ければ、あなたの会社と契約する価値はありません」

「な、ふざけるな。こっちは金を出す立場だろう、なんのつもりだ。お前」

「こちらも相手を選ぶ権利はあります。弊社の製品は高い品質と信頼を得て、取り引き先の開拓も順調ですので。信頼出来ない会社と取引するつもりはありません」

「待て、待ってくれ~」と、懇願する声を聞きながら途中で電話を切った。

どうやら、私の予測通り、大事な判断を大きく間違い、会社は窮地に追い込まれたようだ。

後から聞いた話だが、最低な社長についていけないと優秀な技術者や若者は続々と退職。

また私が手掛けていた多数の大口の取引も、それを対応出来る後任人材もおらず、大きく失敗したようだ。

事業で窮地に追い込まれたうえ、更に貴重な人材までも失い……その後、言わずもがな倒産。

全ての原因はあの社長だ。

傲慢な経営者は、優良な会社でも簡単に潰してしまう……なんとも残念な事である。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連キーワード
スカっとする話の関連記事
  • ギャンブル依存のDV夫に絶望。結婚生活に希望が見えない。
  • 女性に多い便秘に悩む私。病院に行くと、浣腸された。
  • 会社のパワハラ上司・・。 若手社員の正義ある行動で制裁。
  • 会社の嫌な上司との付き合い方。 ある方法で全て解決。
  • 転校生の私はイジメを受ける。 しかしヤンキーから救われる。
  • 社長交代により経営悪化しリストラ。しかし救いの手が。
おすすめの記事